デジモノ達人を事業譲渡しました

皆さんお久しぶりです。元デジモノ達人の管理人です。
現在はTurboHash株式会社の社長をしております。

実はデジモノ達人は事業譲渡を行い。管理人ではありません。
デジモノ達人は2017年12月から事業譲渡の交渉をして、売却作業をしておりました。
現在のデジモノ達人の運営に関与していませんが、お手伝いをしたりはするかも知れません。

今回はデジモノ達人の事業譲渡とか、近況をご紹介します。

デジモノ達人を事業譲渡しました

デジモノ達人は2016年にマイニングの記録を乗せようと思い立ち上げました。
当時にマイニングの記録を乗せているサイトは非常に少なかったです。
日本だとほんとに少なかった記憶があります。

デジモノ達人のアクセス数は多いときで月10万PV前後でしたが、仮想通貨の人気もあり、サイト収益が結構ありました。
サイト報酬はマイニング報酬とは別に毎月40~60万円が入り、多いときは一時的100万円を超えるときもありました。
サイトのアクセス数は2017年に爆発的に増え、2017年11月からマイニングファームの運営の為にブログの事業譲渡を計画していました。
ちなみにマイニング報酬とブログの報酬は電気代やGPU購入費に消えるので儲けつつも節税が出来ますw
仮想通貨で損をするぐらいなら、GPU投資で節税をしていく方がお得だという事がよく分かった年になりました。

最初はブログは売れないだろうと思っていましたが、2017年11月~12月は仮想通貨の注目度がとてもとても高かったです。
ブログの事情譲渡を計画するとトントン拍子で話が進み、すぐに事業譲渡となりました。

現状の仮想通貨市場を考えると、まさに絶頂期に売った感じですが、、、まぁ運が良かっただけですね。
ちなみに現在(2018年5月~6月)、仮想通貨のブログを売ろうとするとかなり苦戦するようです。

なお、譲渡先の企業は東京の企業になります。
とても良い人達で東京で良く機会があるとお食事をしたりお話を毎回しています。
彼らのおかげでマイニングファームの立ち上げがスムーズに行きました。

近状報告

さて、最近は何をしているかと言うと、相変わらずマイニングをしています。
主にGPUマイニングをしておりますが、ASICもちょこちょこ手を出しています。
マイニングする対象の仮想通貨は2-3種類のアルゴリズムに分散しております。

このアルゴリズムに分散という表現がテクニカルな言い方でして、マイニングに対する対象の仮想通貨のこだわりが消えました。
以前、、、例えば個人でマイニングしていた時はイーサリアムやモネロなど有名な仮想通貨をマイニングしていました。
これはデジモノ達人などのブログで紹介する理由もあって有名な通貨のマイニングをしていました。
まぁ・・・その方がキーワード検索などでブログに辿り着きやすいんですよね。

さてさて、この『特定の仮想通貨にこだわってマイニングしよう!』と言うこだわりを諦めて、現在は収益化を最大限生かせるように頑張っています。
例えばですが、最近はマイニング方法としては3日間または7日間で対象のアルゴリズムで収益性の良い仮想通貨をマイニングしています。
そして、得られたマイニング報酬は即座にBTC, BCH, ETHなどで保有するか日本円にしています。
この手法は特定の仮想通貨をマイニングするASICに対して、GPUマイニングの最大の利点である幅を利かせたマイニングを最大限生かそうと思い行っています。
日々の作業量は増えますが、GPUは高効率でマイニング報酬を得ていますので、ほぼ放置状態でマイニングするよりも効率が良いです。
面倒ではありますが、収益を簡易化できるnicehashよりも1.2~1.6倍の収益性が期待できます。
これは手元のハッシュパワーをどの仮想通貨にベットするか毎週考えている感じです。
欠点としては忙しいです。各リグを遠隔操作をするとは言え、一週間で行う作業量が結構多いです。専業じゃないと無理ですね。
また、各取引所を利用してBTC, BCH, ETHなどに変換する作業が必要なので、デジタルな世界でアナログな作業が増えてます。

文章にすると中々理解が難しいと思うんですが、マイニングソフトウェアの選定などもあるので作業量はかなり多いです。
しかし、効率は良いのは確かであって、去年よりも数多くの仮想通貨と出会っています。

長々と説明をしましたが、簡単に言うと、特定のアルゴリズムの中で効率の良い仮想通貨を狙って3日~7日単位で方針を変化させています。
真似しようにも結構大変です。高ハッシュレートによってプールからのまとまった量の報酬があるから可能な荒業な感じもします。

ちなみにこれをしているのは、自社のリグのみです。
顧客からお預かりしているリグでは対応が大変なので、nicehashに繋ぐなどで簡易化しています。
ただし、ご希望があればマイニングする仮想通貨を変更する対応はしています。

マイニングは面白い世界だよ

現役のマイナーの人ならご存知だと思いますが、2017年に人気のあったGPUマイニングの対象である仮想通貨にASICが登場しています。
2018年の上半期だけでもイーサリアム(ETH), ジーキャッシュ(ZEC), モネロ(XMR)などにASICが発表・販売がありました。

現在のGPUマイニングと言うのは、2017年に比べて環境の変化が激しくなっています。
加えて仮想通貨市場が低迷していることから、マイニング自体が去年よりもかなり厳しい世界になりつつあります。

例えば、イーサリアムのマイニング収益が安定しているから、イーサリアム一辺倒でマイニングなどはリスクが高くなっています。
同じ理由でジーキャッシュ, モネロなどの特定の仮想通貨に依存してマイニングするよりも柔軟な変化が必要です。

最近は日本でもGPUマイニングを行う企業が増えていますが、柔軟な対応ができない企業は今後厳しい戦いとなります。
電気代などのコストなどもそうですが、コストだけではなく何をマイニングするかの探求が重要です。

探求心がなければマイニング報酬でプラスになるのは難しいでしょう。
2017年のようなゴールドラッシュは期待せずに、どのようなマイニングがあるか研究するのが大切ですね。
楽しい時も忙しい時もありますが、まぁ・・・面白いんでね。面白い限りは続けたいですね。

最後に自社の宣伝になりますが、お客様にリグを購入して頂き、当社で委託運用を行っております。
仮想通貨市場が低迷しているので、収益はぼちぼちですが興味ある方はお問い合わせ下さい。

 

TurboHash株式会社 – マイニングプラン

新着記事

おすすめの記事